プロフィール

ナバル 

Author:ナバル 
2012年4月22日に男の子を出産、ママ1年生になりました!

お誕生日情報
鴻ちゃんの成長曲線
FC2カウンター
FC2ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガタマゴ食った

そして吐いた。

まぁ、そういうコトで今日本戻ってます。
4日前か、、、。10時頃かなぁ。
それじゃそろそろ真面目に仕事に取り掛かるかって時に
お母さんから電話掛かってきてさ。
涙声で「お爺ちゃん、やっぱ危ないかもしれない」って言われて。
思わず、何で?!って怒鳴っちゃったよ。
で、話聞くと吐血しちゃって、医者は今夜が山って言うんで、即早引き。
いつもの旅行社連絡とって、日本に帰国。

なんかねーーーーー。
うまい具合に回復してたんだけどね。
肺炎再発。吐血は病気に対するストレスで胃から。
医者には、前回みたいに麻酔して喉に管差し込むかって聞かれたけど、
結局辞めたんだ。聞いたら延命にはなるけど、そのまま何もわからず逝くって言うし。
せめて喋れないにしても、家族の声聞こえる状態で・・・のが、さぁ。
んで、心臓マッサージも拒否。
あれって、肋骨折れる可能性が非常に高いんだよね。
今のお爺ちゃんってヘロヘロだから、ボッキボキになるだろうし。
肺炎そのままで、肋骨折ってまでの延命は酷でショ。

まぁそんなこんなで私とママの病院到着が夜の10時ごろだったかな。
集中治療室入って、愕然としたね。
死に際の人間って、あんなになるんだね。
どんな物語の中でも見たこと無い現実。

目はね、使徒喰らって自身の再生図ってたときのエヴァ初号機の目。
気ぜわしく首を振りながら、必死でその狂人みたいな、
でも何処か虚ろなその目をこっちに向けるんだよね。
なんだろ、、、私とママの姿を焼き付けるみたいに。
で、今まで自分は治るって信じきってて、頑張ってとか言うと
「うるせー」って顔してた本人が、「頑張る」って掠れる声で口にするの。

・・・・・“あぁ、駄目だ”って思った。
ま、担当医もそう言ってたし、ホント誰の目にも明らかだったし。
でさ、今日一晩ついててあげたいつったら、ICUは付き添い禁止とか言いやがるの。
最後だって医者も言ってるのにだよ?
ママ泣き出してさ。私?もちろんぶち切れ5秒前w
でも看護婦の一人が個室だったら付き添えるからって、個室患者に
空けてもらえるか聞いてきてくれて。


その日から24時間体制で付き添ってる。
・・・つまり、まだ生きてる。
前回は腎機能の低下を心配して使わなかった強力な薬使って肺炎叩いて、
(まぁ、腎臓とリンクしてる心臓が止まるのが早いかの賭けなんだけど)
日中は叔父、夜は私とママで病院つめて、危ない瞬間に引っ張り上げてる。
担当医は担当医で、なんか驚きまくってる。そりゃそうだろ・・・。


ちなみに昨日は夕方5時から、今日の朝9時まで病院にいてさ。
お婆ちゃんちで1時まで寝て、起きぬけにマックの『メガタマゴ』。
・・・・・・・・・・・・・・・当然吐くよな。買ってきたアホはママ。


とりあえず、15日に上海戻る。
おせちも予約したのに、へっちゃんに申し訳なくてさ。
スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。