プロフィール

ナバル 

Author:ナバル 
2012年4月22日に男の子を出産、ママ1年生になりました!

お誕生日情報
鴻ちゃんの成長曲線
FC2カウンター
FC2ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝起き時の恐怖と新しいワクチン

鴻の朝は早い。
22時頃就寝、4時~6時の間に目覚めてミルクを要求する。
そうしてミルクを飲むと、スッキリ目覚めてお喋りタイムがスタート。
私も流石にそんな時間から付き合ってるわけにいかないので、早々に自分のベッドに連れ込んで
適当に相槌をうちながら寝かしつけるのだが、大体私のほうが先に寝てしまう。
すると、自分が構ってもらえてないことに気づいた鴻に
顔パンチ、瞼プッシュ、髪の毛引っ張り攻撃等をうけることになる。これが地味に結構痛い。

今朝も私のほうが先にウトウトして少し寝てしまってから、
ふと静かになっていることに気づいて目を開けた。

目の前に目をカッと見開いて固まっている鴻の顔が

瞬時に頭をよぎる『乳幼児突然死症候群』。まさか・・・鴻が急死?!
寝起きで混乱しながらも、必死で呼びかけた。
「鴻!!!!!!鴻っ!!!!!」

虚空に向かっていた目線が、ゆっくり降りてきて私を見た。
言葉にすれば「え、なぁに~?」とでもいう顔。
死んでなくてホッとした。。。。


さて、話は変わるが、ポリオの不活化ワクチン接種も開始したので、
以前のサイトで新しい予防接種スケジュールをだしてみた。
新予防接種スケジュール

・・・・・・・おかしい、知らない間にロタワクチンが増えてる。
ロタワクチンとはロタウィルスによる胃腸炎や神経系の合併症を予防するワクチン。
ロタウイルス感染症自体、6ヶ月~2歳くらいまでに子供が必ずと言っていいほど経験するもので
単にお腹を下すだけかと思いきや、
重症化すると命を落とすこともあるという決して甘く見てはいけない病気。
その為、世界的には乳児へのロタワクチン接種がスタンダード。
ワクチン後進国の日本でも、ようやく去年2011年11月から
ロタリックスというロタワクチンが接種が開始された。
が、それもまだまだ自費接種という現状。
全2回のロタリックスは1回15,000円前後の高級ワクチン。
先日ようやくその高級ワクチンが終わって、一息ついたところだったというのに・・・・

スケジュール表にロタ5価とかいう全3回ワクチンが増えてる。

値段を真っ先に調べたら、ロタ5価と記されているロタテックというワクチンは1回1万円ほど。
リックスと同じでまた3万出費かーーーーーと、本当に打たねばならないのかgoogle先生にお伺い。

わかったことを簡潔に書くと
ロタリックス(1価)は、一番流行して重症化しやすい1種類のロタウイルスを弱毒化したワクチン。
ロタテック(5価)は、今年2012年7月から接種が開始された新しいワクチンで、
一番流行して重症化しやすいウイルスを含む5種類のロタウイルスを弱毒化したワクチン。
但し、ロタリックスも1種以外のウィルスにも効果を表すため、
現状どちらのワクチンにも優劣は存在せず。

で、結論として両方打つべきか、片方だけでいいのかは医者によって見解が異なるようだった。
これは困った、ということで鴻を出産した産院に併設された小児科に早速メールすることに。
この産院、日本でもトップクラスと言われており信頼度は高いのだ。

夜中にメールし、本日の朝電話にて回答が。
「当院でも、どちらか一方を接種すれば良いと指導しております。
ロタリックスの接種が完了していれば、十分効果はありますから大丈夫ですよ」とのこと。
なにはともあれ、これで一安心。
スポンサーサイト

テーマ : 初めての子育て
ジャンル : 育児

不活化ワクチン

今日は鴻の予防接種のため、朝からクリニックへ。
予約していたのは、ロタ②、ヒブ③、肺炎球菌③、三種混合②の4つ。
受付についてから、ふと思い出して何気なく聞いてみた。
「不活化ポリオって、いつから開始ですか?」

最近もめていたポリオのこと、赤ちゃんをもつお母さんたちなら関心の高い話。
ポリオウィルスによって起こる感染症にかかり、
運が悪いと麻痺が残ってしまったり死んでしまったりする。
このポリオに対する特効薬は現在存在しないので、ワクチンによる予防が唯一のポリオ回避。
にも関わらず、これまで日本の予防接種では
稀にポリオを発症してしまう“生ワクチン”が使用されてました。
ポリオを予防するためにワクチンを接種したのに、ポリオに発症し麻痺障害をおってしまう・・・
海外では既に安全な“不活化ワクチン”が使用されているのに、何故日本だけ?!
と取り上げられました。
それでも国は直ぐには対応せず、当初「生は安全です」を繰り返すばかり。
世の赤ちゃんを持つお母さんたちは、諦めてそのロシアンルーレットなワクチンを接種するか、
決して安くない金額を自腹を切って不活化ワクチンを子供に接種するしかありませんでした。

そんなとき、横浜市が「自分のところでは不活化を導入する!」といい、
不活化の無料接種を始めました。
世論もぐんぐん『不活化導入』に動き、国もようやく重い腰を上げざるを得なくなり

「今日から打てますよ」

不活化ワクチン導入が決まり、本日9月1日から接種スタートとなったわけです。


先週市から郵送されてきた無料接種券をもっていたので、
早速予約のワクチンと一緒に打てるか確認。
可能との答えに、今日は注射4本、飲みワクチン1本の計5本接種となりました。



早いタイミングでポリオを打てて一安心。
不活化導入が決まったんで、打つべき時期を無視して
接種を待っちゃってるお母さんたちが多いと聞いて感染が広まるのではと気が気じゃなかった。

ちなみに11月からは三種混合(百日せき、ジフテリア、破傷風)にポリオを合わせた
四種混合注射になるから、これから生まれる子は接種がもっとずっと楽になるようです。

テーマ : 初めての子育て
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。