プロフィール

ナバル 

Author:ナバル 
2012年4月22日に男の子を出産、ママ1年生になりました!

お誕生日情報
鴻ちゃんの成長曲線
FC2カウンター
FC2ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首の座り始め

3~4ヶ月検診で首がまだ座ってないから、毎日うつ伏せトレーニングをするように言われた鴻。
これは親が見ている前で赤ちゃんをうつ伏せにして、よいせよいせと頭を上げる運動をさせるもの。
うつ伏せトレーニング中
が、本人全くやる気がない!!!
何度ひっくり返してもオケツや足は上げるものの、頭はあげず。
ニコニコ→お話→文句→泣く を繰り返すばかり。

諦めて、自然に座るの待てばいいかーと思い始めた一昨日の晩・・・
ふとしたキッカケで立て抱っこをしてしまった鴻の首が思いの外しっかり立っていて、
自然な動きでキョロキョロとあたりを見回していた。

「あれ?鴻の首座ってない???」

翌日、まさかなーと思いつつ、ベビーベッドの上でひっくり返してみると

「わっ、鴻、スゴイスゴイ!!!!!」

頭がぐいっと持ち上がり、顔が前を向いた。
仕事中のへっちゃんに早速メール。Skypeをつけて、ばぁたん(実母)にもお披露目。



最近はほっぺを引っ掻いてしまうため、寝る前など右手にミトンを付けているけれど
これもきっと、直ぐに外せるようになってしまうんだろうなぁっと。
昨日の明け方も見るたびに外していて、お昼に隠れて見ていたら
・・・・・器用な方の左手で、右手のミトン引っ張ってたし。
まだ片手づつ動かすのがやっとで、共同作業なんてできないはずだったのに。
まぁ流石にスルっとはいかず、最後はがぶがぶしてヨダレだらけにして外していた(汗)
スポンサーサイト

テーマ : 初めての子育て
ジャンル : 育児

最近ようやく眠るように

「生まれてからのほうが大変なんやけどねー」
産院の院長に言われたことが理解できたのは、生んだ翌日からだった。

出産が終わり、その夜は1人でゆっくり就寝。
翌日の昼過ぎに個室に子供が搬入され、母子同室開始。
その夜からが地獄だった・・・・。
折れそうなくらい細い手足の息子にだっこもオムツもミルクも初めての私。
ミルクを何とか飲ませても、オムツを何度替えても、子供は泣いたまま。
ようやく寝付いてくれたと思っても、急死でもしていたらどうしようと、
結局朝までほぼ徹夜でつきっきり。

退院する頃には流石に急死を心配することはなかったけれど、
それでも2時間おき、3時間おきのミルクでは眠ることなんてできず。
子供が寝ている間に寝ればいいんだ、なんて知らない人は言うけれど、
3時間おきのミルクだからといっても、ミルクタイムまでの3時間ぶっ通しで寝れることなどないっ!
まず、子供がミルクを飲んで直ぐに寝付いてくれることがない。
鴻なんか、次の次のミルクタイムぐらいまで余裕でグズって寝なかった。
つまり6時間は起きっぱ抱きっぱ。
ミルクを飲んで30分~1時間で寝てくれたとしても、
ミルク瓶の消毒やおむつ替え時のおしっこ噴射の後片付けで
1時間近くはかかるので、寝れても残り1時間。ミルク前に起きてグズったらそれも無し。
大体、眠りについて1時間という短時間で起きるのはかなり厳しい。寝ないほうがマシのレベル。
で、結局寝れない。
ずっと睡眠不足。あまりの睡眠不足に、里帰りで手伝ってもらっていてもクタクタ。
正直、赤ちゃん可愛い!なんて思えなくなってくる。
泣き声を聞くと「またか」と思って駆けつける気はゼロ。
自分はこのまま一生寝れないのかと思うと、もう辛くて苦しくて嫌になってしまう。
連続した睡眠がとれないと、人ってこんなに簡単に鬱になる。

そんな慢性的睡眠不足で軽い鬱が解消されるのは、2ヶ月の頃。
赤ちゃんのミルクタイムが4時間に1度になったぐらいから。
2ヶ月中旬には昼夜のリズムもつき始め、夜の眠りは4時間を超えるように。
3ヶ月の今、鴻は22時にミルクを飲んで23時に寝付いたとすると、
目が覚めてミルクだと騒ぐのは5時前後。
ここまで寝てくれるようになると、こっちも夜に連続した睡眠をとれるから本当に楽。

里帰りせず、頑張るお母さんには頭がさがる。
でも、今から出産するお母さんにはこう伝えたい!
「可能なら里帰り推奨。出産後は気持ちの浮き沈みが激しいし、
実際ヘルプがあるのってだいぶ違う。
最初は寝れない日が続くけど、絶対に連続で寝れる日が来るから。
ムリしないで周りに助けてもらって!!」




テーマ : 初めての子育て
ジャンル : 育児

3ヶ月検診

出産後、ほぼ出なかった母乳は1ヶ月ちょっとで終了。
現在は完ミ(完全ミルク)で育っている鴻。
ミルクの子は太ると言われてるけど、ホントにしっかりおデブさん。
手も足もムチムチで、腕なんて串団子そのもの。

で、2ヶ月終盤から遂にオムツもSサイズからMサイズにチェンジ。
しかしビックリ。既にMサイズでも足の付根にオムツの痕がっ!!!
・・・・・・とりあえず、買ったMサイズパックを使い切ったら、Lサイズに変更予定。

そんな風に最近一気に重量級にメタモルフォーゼした鴻は、本日の3ヶ月検診で7キロ超え判明。
日々、重い重いと思っていたけど、案の定。
検診に来ていた30人近い赤ちゃんの中では、月年齢的にかなり小さいほうなのに
体重も見た目も上位の重量級。
生まれたときはあんなに小さかったのに、どうしてこうなったのかwww

そんなぷくぷく息子でも、他の子と見比べると
やっぱりウチの子がナンバー1に思えてしまうから不思議。
きっと周りのお母さんたちもおんなじ事を思っているんだろうけれど。


さて今日の3ヶ月検診、内容は
①身体計測
②小児科診察
③整形外科診察、股関節超音波(エコー)検査
④個別相談(保健・母乳相談)
⑤予防接種の受け方・離乳食の進め方の説明、予防接種券・乳児一般健康診査受診票の配布

鴻が偉かったのは、皆が泣いてた股関節のエコー検査で全く動じなかったこと。
先ずは、検査に並んでる段階で余裕。
部屋の中から子供の鳴き声がひっきりなしに聞こえてくるから
「鴻ちゃん、どうしようっ?!コワイコワイだよーーー」と言ってみるも、本人はベロ出してどこ吹く風。
いざ検査室に通され、機械に体を挟まれて
エコー用のジェルを太ももに塗りたくられてる時も全く動じず。
お母さんは子供をあやすためにと、
わざわざ色々な玩具が置かれた子供の顔の前に座らせられるんだけど、
・・・・・・・・息子さん、お母さんの顔も見ずに“ぽえっ”とした顔で口からミルクをたら~。
先生には「子供はミルクを垂らすもんだ!」なんて笑われていた。

不思議だったのは、周りのお母さんたちがあまり子供に話しかけてないこと。
逆に私はひっきりなしに子供に話しているもんだから、なんだか・・・・あれ?退かれてる???
服を脱がせるときは「脱ぎ脱ぎするよ。あ、もろ肌見られちゃう!はずかちっ!!」
着せるときは
「はーい、ココに手を通すよー。ママと握手だぁ・・・って、握手しない!!したくないのっ?!」
オムツ一枚にタオルを羽織って検査待ちをしているときは、鴻の腕を持ちながら
「裸サイコーーーーーっ!!!裸族サイコーーーーーーーっ!!!」

私の他に誰一人そんなことしてなかった。。。何故だ?!

いっぱい話しかけてあげれば、早くに
いっぱいお喋りしてくれるようになるよって言われてそうしてるのに(涙)

しかし、その甲斐あってか、鴻が「あーあーうーうー」と話し始めるのは早かった。
2ヶ月で話し始め(初めて声を荒げて「あうぁっ!」と文句を言ったのは生後1週間だけれど)、
3ヶ月になる直前から、まるで会話のように「あうあう」長く言うように。
ここ1、2週間は人の会話に割り込み、また自分の話を聞いてくれないと怒るほど。
むしろ、他人が話している時ほど仲間に入りたいのか割り込んでくる。

今日もまた、集団で予防接種や離乳食の説明を受けている最中に1人話していた・・・・。
他の子供は静かに受けているっちゅーに。
これもまた、いっぱい話しかけている効果というか、副作用なのか。黙らせるのが大変!

テーマ : 初めての子育て
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。